BTOパソコンとは

BTOパソコンというのは、ユーザーからの注文を受けてから、生産・組立てを行うパソコンのことを言います。いわゆるオーダーメイドのパソコンですね。そもそもBTOというのが、Build to Orderの略なのですが、これは、受注生産を意味しているのです。

BTOは、製造業のビジネスモデル(利益を生み出す製品・サービスに関する事業戦略・収益構造のこと)の1つである他、パソコンの他、自動車の製造販売でも実現されているサプライチェーン・マネジメント(供給連鎖管理のこと物流システムを1つの企業内部に限定するのではなく、複数の企業間で統合的な物流システムを構築して、経営成果を高めるためのマネジメント)による企業の分類形態の一種でもあります。このBTOでは、メーカーは、商品を部品の状態でストックし、顧客の注文に応じて組み立てて出荷を行います。何故、部品の状態にしておくかというと、完成した製品よりも流動性が高いため、在庫を持つリスクを減少させることができるためです。また、顧客としても、無駄な仕様を省くことができるため、その分の購入コストを下げるというメリットを得ることができます。しかし、その一方で、どうしても注文方法が煩雑になってしまい、注文を受けてから商品を受取るまで、リードタイム(生産・流通・開発などの現場で、工程に取り掛かってから全工程が完成するまでの所要期間)が生じてしまうというデメリットや、購入する前に、実際に手に取って品質などを確認することができないというデメリットも存在します。このBTOを行っている製品は、パソコンの他に、自動車・オートバイ・自転車・スキー・スノーボード・住宅・建築機械・・・等が挙げられます。

BTOパソコンでは、顧客が自分の希望に合うように部品を選択して注文を行えるのですが、これも当然、メーカー・販売店は、その注文通りの仕様でコンピューターを組み立てたり、オプションを追加して顧客へ送り届けます。このBTOパソコンは、最初は、自分で組み立てるタイプのコンピューターを販売していたり、業務用コンピューターを発注する時に、その用途に応じた部品を選択して販売を行ったりしていました。通信販売自体は以前からあったのですが、日本のメーカーであり、パソコンのブランド名でもあったソーテックや、アメリカのコンピューターメーカーであるデル(DELL)が、一般顧客に向けて通信販売でカスタマイズを行う形で直販するようになり、これが徐々に一般顧客に広く浸透するようになっていきました。大手メーカーでは、販売店にてオプションの追加・メモリー容量増加・・・等のキャンペーン内で行う程度でしたが、やがて次々に直販体制を整えていくようになり、欧米ではデルの他にアップル・ヒューレット・パッカード、日本ではオンキョー(旧ソーテック)・エプソンダイレクト・STORM・東芝・NEC・ソニー・富士通・・・等も行うようになっていったのです。そしてそのなかでも、販売店のルートを保有していない、または、通信販売による直販を主力販路としているメーカーを、直販メーカーと言います。現在、日本で展開しているメーカーで、その直販メーカーに該当するメーカーには、ドスパラ・ソーテック・マウスコンピューター・デル・エプソンダイレクト・サイコム・・・があります。

このBTOパソコンの注文にて、選択することができる部品の幅というのは、それぞれメーカーによって異なっていますが、基本的な仕様はCPU・メモリー・ハードディスク・CD/DVD/BD・ドライブ・キーボード・マウス・・・は、大抵のところは揃っていると思います。他にも、グラフィックボード・ケース・電源・マザーボード・CPUクーラー・・・等を取り扱っているところもあります。いずれにしても、このBTOパソコンを取扱うメーカー(直販メーカーも含めて)が多く登場したことで、これまで自作パソコンになかなか手を出すことができない方であっても、自分の希望・ニーズに最適化されたパソコンを手に入れることが可能となったのです。

自作パソコンというのは、利用者自身がパソコン部品を揃えて、組立てたパソコンのことを言います。用意するパソコンの部品は、主に、マザーボード・CPU・メモリ・電源・ハードディスク・ソリッドステートドライブ・光学ドライブ・各種拡張カード・・・等でしょうか。これら必要な部品を全て自分自身で調達し、組み立てるわけですが、自作パソコンは、大手電機マーカーなどが生産・販売している組立済のパソコン・メーカーブランドと対比する言葉となっています。自作パソコンのメリットは、利用者好みで仕様を決めることができる・・・という点です。各部品ごとを自分好みでアップグレードすることができますし、逆に不要なものは取り除くことができるんですね。現在はちょっと状況違ってきていますが、以前は、メーカー製のパソコンよりも、自作パソコンの方が価格が安かったようです。しかし、その一方で、万が一トラブルや故障が起きた場合に、自分の力でその問題の原因を突き止めて、解決することができるか・・・というデメリットがあります。当然、それぞれ使用する部品の規格・互換性の知識を事前に習得しておく必要がありますし、実際に組み立てるまでに時間がかかりそうですよね。また、組み立てたパソコンの動作保証もありませんから、もし各部品の相性が合わなかったり、組み立てのミスによってパソコンが正常に起動・動作しない場合も、自分で解決しなければなりません。各部品単位では、メーカーや販売店の動作保証はあるかもしれませんが、メーカーによる広範囲のアフターケアは期待することができませんから、全てのトラブルに対して、自分自身が全対処しなければなりません。こういったデメリットもあって、自作パソコンが欲しい、つくりたい・・・という気持ちはあっても、なかなか手を出せない方は少なくありません。

どういった方が、BTOパソコンを購入しているかというと、やはり自分のニーズにピッタリ合ったパソコンが欲しい・・・という方でしょう。自作パソコンを作りたいけれど、手が出せない・・・という方もいらっしゃるでしょうが、その「自作パソコンを作りたい」という理由も、やはり自分の好きなようにカスタマイズしたパソコンが欲しいという気持ちでしょうから、根本的な部分はほぼ同じですよね。OS・CPU・メモリー・HDDの容量・CD/DVD/MDのドライブ・モニター・サウンドシステム・ハードウェア・ソフトウェア・・・の他、インターネット接続環境やサポートサービスさえも自分で自由にカスタマイズすることが可能です(メーカーによって、カスタマイズできる部分は異なります)。BTOパソコンの価格は幅広いですが、パソコンショップのBTOパソコンの場合、そのショップオリジナルの製品で3万円台・・・という驚くほどの格安のBTOパソコンも存在しています。各部品ごとに、その部品を取り扱っているメーカーが多く存在しますが、ありとあらゆるメーカーのなかから選ぶことができる・・・というのは、選択の幅も広がりますよね。更には、自作パソコン向けの組み立てキットとしてオーダーすることができるメーカーも存在します。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。